それぞれの明日 笠間・益子 4人 展

e0152245_9512338.png


3/1〜10

笠間  桑原 哲夫  原田 譲 
益子  伊藤 丈浩  鈴木 稔
[PR]
# by takehiro-ito | 2013-03-01 09:50 | 企画展

東工大で益子焼 〜知る・ふれる・つかう〜

本日より東京工業大学にて「東工大で益子焼 〜知る・ふれる・つかう〜」が開催され、参加させていただいてます。

e0152245_2145612.jpg


会期: 10月18日(木)~28日(日) 10:00-17:00
会場: 東京工業大学博物館・百年記念館1階展示室(目黒区大岡山2-12-1)
入場料: 無料
※会期中無休、18日は13:00開場、23日は20:00まで

■お問い合わせ
〒152-8550
東京都目黒区大岡山2-12-1
Tel : 03-5734-3340

東工大HP

東工大で益子焼 知る・ふれる・つかう facebookページ

■アクセス
東急目黒線・大井町線 大岡山駅 下車徒歩1 分



濱田庄司は東工大の前進である、東京高等工業学校の窯業科に入学。
当時、嘱託職員であった板谷波山に学び、その後の陶芸の道へのきっかけを作りました。
また、弟子の島岡達三も同校を卒業されています。

その縁と益子の震災被害の件もあり、この度、東工大にて益子を紹介する展覧会が企画されました。



・・・・・・・・・・・・・

この度の特別展示は,益子に築窯し益子を育てた濱田や,益子で大きく育った島岡らが,かつてそのキャリアの第一歩として窯業を学んだ東京工業大学に,益子をもってくるものです。

現在益子で活躍する気鋭の作家15 人を招き,彼らの制作した陶器を鑑賞し直接手に取り購買いただけることで,益子と益子焼ををより多くの方々に体感していただきたいと思います。

期間中には,講演会やシンポジウム,会場で陶器制作を体験できるイベントも行います。

この展示会が,これらの益子への応援となり,産業・文化復興の一助となればと願っております。

■出品作家
濱田晋作、濱田友緒、島岡龍太、松崎健、吉川水城、ハービー・ヤング、鈴木量、橋本秀一、島岡桂、村田浩、馬場由知子、加守田太郎、佐久間藤也、 萩原芳典、伊藤丈浩


・・・・・・・・・・・・・・・

「益子を東工大にもってくる」をテーマに、栃木県・益子で活躍中の陶芸家15名の作品展示及び販売、出品作家のカップを使用した喫茶コーナー、益子焼の魅力と特徴や震災後の取り組み等を紹介。その他イベント多数実施。


■講演会
 平野良和(栃木県民藝協会会長,益子陶芸美術館名誉館長)  「益子と益子焼を知る」
 志賀直邦(東京民藝協会会長,銀座たくみ社長)  「個から大衆へ-河井,濱田,島岡の民藝陶への試み」
 10月19日(金) 14:00 - 16:30 ( 13:30開場)
 3階フェライト記念会議室 定員100 人(当日先着順)

■シンポジウム「 ものづくりの思考」
 基調講演    :濱田友緒((公財)濱田庄司記念益子参考館館長)
           横堀 聡(益子陶芸美術館副館長)
 座談会     :濱田友緒,松崎健,村田浩,ハービー・ヤング
 モデレータ   :横堀聡,遠藤康一(東工大博物館),阿児雄之(同)
 10月23日(火) 17:30 - 19:30 ( 17:00開場)
 3階フェライト記念会議室 定員100 人(当日先着順)

■益子の陶器づくり体験
 10 月20 日(土) 講師:伊藤丈浩
 10 月21 日(日) 講師:濱田友緒
 10 月27 日(土) 講師:島岡 桂
 10 月28 日(日) 講師:加守田太郎
 各日 14:00 - 15:30 1 階展示室会場内
 定員各10 名程度
 受付方法 :各日当日の12:30から1階受付にて受付となります。

・・・・・・・・・・・・・・

ということで、僕は10/20(土)にスリップウェアのワークショップをさせていただくことになりました。
メトロクス・益子市以来の3回目。

当日12:30~受付、14:00開始です
先着10名となっていますが、時間の許す限り多くの方に参加いただければと考えております。

また、今回は制作したものの焼成するか否かは自由です。
描くだけでもいいですし、焼成希望の方は¥3,000(送料込)で承ります。年内お渡し予定。

在廊は20日と21日。
ワークショップ翌日は成形になりますので、濱田友緒さんの実演の後ろで、ペシペシと型起こししていると思います(笑)

是非、遊びに来て下さい。

(画像は2011年、メトロクスと益子市で開催した様子)
e0152245_1583255.jpg

e0152245_1585041.jpg

[PR]
# by takehiro-ito | 2012-10-18 08:51 | 企画展

ゴールデンスリップウェア

いよいよゴールデンウィーク。

そう、益子は陶器市です。4/28~5/6開催。

昨年は震災後の間もない開催でどうなるかと心配されましたが多くのお客様にご来場頂きました。
現在も一歩一歩復旧に向けている作家窯元を、是非訪ねてみてください。

お隣の笠間、陶炎祭(ひまつり)は4/29~5/5です。合わせて是非。



そして、またこの企画展も開催されます。

e0152245_2159546.jpg


「ゴールデン スリップウェア」

4/28~5/13

昨年に引き続き2回目。
前回より作家・窯元も増えて楽しくなりそうです。

今回はトークショーも開催。
なんとその中に自分がお呼ばれされました。

開催日時は、5月5日 午後5:00〜ということで、タイトルは「go! go! slipware」。
先輩方の輪の中で、さてどんな話しの流れになるのか。タイトルみたいな話になったら面白い。
この日は在廊しますので是非!

前回の会場店舗であったSMLより移して、SM-gにて開催。
代官山蔦屋書店の近くのようです。


恵比寿のSMLは現在地に移転してから器専門になり、その当初からのお付き合いですがここの山陰の窯元のカバーっぷりは半端ない。

自分も現地に行って初めて知った窯元の作品だったり、なかなかこちらまで届かず見る機会のないものを遠い地で紹介しているのは、産地にとって大きな励みになると思います。
また同業者にとっても良い刺激となるでしょう。

このように自身の足で辿って繋げてくださっているお店は本当にありがたい。


ゴールデンウィーク前半は天候に恵まれそうですね。
是非、各地へ足をお運びください。
[PR]
# by takehiro-ito | 2012-04-25 23:36 | 企画展

チャリティーTシャツ追加!

e0152245_1141688.jpg

販売より1ヶ月。

蓋を開けるまでどうなるかと正直心配でしたが、皆様のご協力のお陰で反響をいただいております!

女性の方もたくさんお求めいただき嬉しい限り。(しかも顔Tが好評で、これは以外でした)

しかし、予算の都合で小さめのサイズまで制作することが出来ず、それに対するご希望の声を思いがけずたくさん頂戴しました・・・。

なにしろ普段陶磁器を売っているお店が企画した本件。
初めての事で、販売数の見通しもわからずに手掛けたものですから、このような事態は困惑するとともに嬉しい誤算でした。

その高まった声に背中を押されて改めて話し合った結果、小さいサイズを中心に再制作を決定。
このたび入荷致しました!

新たに160サイズも制作(XSと表記させていただいてます)

サイズは、日本のサイズより一つ大きいと考えて頂ければ。
(僕は普段 Lサイズ ですが、 M サイズが着用できます)

表を参考にお求めください。
e0152245_23312646.png

e0152245_161382.jpg


今回で最終制作となります。
ご検討されている皆様、是非着用を楽しむと共に参考館支援をどうぞよろしくお願いします!

早速お問い合わせ頂いておりますので、どうぞお早めに!









[PR]
# by takehiro-ito | 2012-04-04 23:34

益子参考館震災再建基金チャリティーTシャツ

このたび益子参考館震災再建基金への協力のため、チャリティーTシャツが作られました。


妻の店、G+OOも加盟している「城内坂通り会」が、震災により被災した益子参考館の再建へ、地元で結束し寄付ができないかと思案する中、「濱田庄司をモチーフにチャリティーTシャツを作って販売し、寄付金を集めよう!」という案が浮上。

こういったアイテムが好きな僕は、「そりゃ実現できたら楽しそうだ!」と後押しして今回関わらせていただきました。

以前、アメリカなどで陶芸Tシャツを買い求めていて、「益子」が持っている文化面と観光面を品良く表すノベルティとして洒落たTシャツがあればいいのにな、と思っていた次第。

今回はこのような事態を受けての企画ですが、濱田家へ了承を得るべく打診したところ、復興へ前向きな姿勢を示すようなものが出来れば素敵になるだろうと理解を頂き、実現することになりました。



いざ実現に向けてまずは、メインとなるデザイン・・。
誰に頼もうか・・と考える間もなく、笠間のSprout(代表:笹目亮太郎さん/助川智美さん)が頭に浮かびました。

笠間の陶芸家有志ボランティア、Save Kasama Potters のフライヤーデザインが素敵だったこと。
茨城陶芸美術館で開催された「濱田庄司展」のデザインをされており、濱田庄司をモチーフとして扱うことをすでに経験されていること。

そして震災で同様の被害を受けた兄弟地・笠間と益子をここでも繋げられればと・・。
そんな想いでオファーしたところ、快諾して下さいました。


濱田窯を仕切りながらも、参考館再建に多方面で奔走されている濱田庄司の孫・濱田友緒さん。

晩年の濱田庄司のもとで学んだ後に、益子の大窯元・大誠窯を継がれ、参考館支援に尽力されている城内坂通り会・大塚邦紀さん。

皆さん、忙しい合間を縫ってのミーティングを重ねること数回・・。

e0152245_1048640.jpg

「濱田庄司」という、ある意味マニアックな題材を親しみやすく・・。

「チャリティーTシャツ」を見る側、着る側の受け取り方・・。

世代を問わず、皆様にご購入していただけるように、その後も長く楽しく袖を通すことが出来るようにと、配慮しつつアイデアを出し合って、この度完成しました!















e0152245_17175780.jpg

「庄司フェイス・Tシャツ」・ホワイト

濱田庄司の顔イラストが大きく配置され、その上に淡いブルーで「益子参考館震災再建基金」が英文表記されています。

初見のインパクトは強いのですが、何度も見ているうちに引きこまれていきます(笑)
「壊れてしまったのなら、直せば良いじゃないか」と微笑んでいるように。
丸縁眼鏡と大きな口で特徴を表しています。






そして、もう一つは
「15秒プラス60年・Tシャツ」・グレー
e0152245_17204185.jpg


濱田庄司の代表的な作風・流し描き。
大皿に一気呵成に流し描かれる釉薬の線についてのエピソードの言葉を、シンプルに配しました。

「プラス60年=プラス経験」と、何事に対峙する時にも過去の自分の経験や修練が、その瞬間の自分を形成する。

その修練を積み足した上に今の自分が成り立っているという認識を強調するかのような赤の「+」がポイントです。
小さな流し描き皿マークの横に「益子参考館震災再建基金」が英文表記。







e0152245_2341437.jpg

両方のデザインとも首元のパックプリントに、

「益子参考館は2011,3,11の震災で大きな被害を被りました。このTシャツは参考館修復費を募るために製作されましたので、皆様どうぞ再建へのご協力よろしくお願いします」

と英文で表記。
トレードマークの丸縁眼鏡を添えました。



e0152245_17221524.jpg

e0152245_17223523.jpg

シルクスクリーンプリントで「インパクトの顔」「シンプルな文字」と選べる2つのデザイン。



生地はサンプルを取り寄せて吟味し選んだ、5.6ozのヘビーウェイト。
しっかりと丈夫で厚く耐久性がありますので、普段にも仕事着にもガンガン着られそうです。

サイズ展開は
顔Tシャツ:M/L/XL
文字Tシャツ:S/M/L/XL
e0152245_1611181.png






そしてTシャツのパッケージには、同様のデザインモチーフのポストカードを封入。
e0152245_222256.jpg

Tシャツデザインを応用して「画」としても楽しく、その通りポストカードとして使えます。

また裏面には、初めて濱田庄司を知る方や海外の方にもこのモチーフの意味を知っていただけるように、由来が日文英文で記されています。
e0152245_0392012.jpg

このポストカードが郵送され受け取った方、Tシャツをお土産にもらった方にも広く認識していただくキッカケになれば幸いです。

価格はどちらも1枚:¥2,625。

販売収益一部を益子参考館に寄付致します。
e0152245_042278.jpg

e0152245_1357501.jpg

e0152245_13581094.jpg


10日、11日と益子で行われる「益子復興感謝市」に先立ち、8日頃から城内坂の各店店頭にて販売開始です。
数とサイズに限りがございますので、どうぞお早めに。

e0152245_03814.jpg

e0152245_034345.jpg

(城内坂通り会の皆さん、入魂の包装!多少のズレは御勘弁!)

もちろんG+OOでも販売しております。

せっかくなので益子で買い求めて頂きたいのですが、どうしても叶わない方には発送も承ります。
送料別途で1枚=¥240、2枚=¥390(定形外)
3枚以上、またはゆうぱっく希望の方は、御注文の際にお問い合わせください。
問い合わせ先はこちら→G+OOメールフォーム

e0152245_044941.jpg


僕個人としては、このTシャツが若い世代の方々中心に関心を持って頂ければイイな・・と考えています。

今回をキッカケに、参考館が次の世代へと認知が広がり新たな来場者が訪れ、「自分の経験を参考にしてほしい」という濱田庄司の遺志、その意義の再発見に少しでも繋がってゆければ、と願います。


皆様、どうぞ御協力よろしくおねがいします!

目指せ!完売!!!
[PR]
# by takehiro-ito | 2012-02-15 03:13

「モヨウとカタチ」展、始まりました

2/4より、新橋のメトロクスにて始まりました。
e0152245_015959.jpg
e0152245_014671.jpg
e0152245_013650.jpg
e0152245_012656.jpg
e0152245_011057.jpg

東京店は18日(土)まで。
僕は11日に在廊致しますので是非。



メトロクス東京
東京都港区新橋6丁目18-2
2月4日(土)- 2月18日(土) ※会期中無休
OPEN / 平日 10:30 - 19:00 土曜 11:00 - 19:00 日・祝 12:00 - 19:00

メトロクス札幌
札幌市中央区大通西26丁目1-18 円山アーク1F
3月2日(金)- 3月14日(水) ※木曜定休
OPEN / 12:00 - 20:00
[PR]
# by takehiro-ito | 2012-02-06 00:04

モヨウとカタチ

昨年の同時期にもお世話になった、新橋のメトロクスさんで企画展に参加させていただきます。

e0152245_11154752.jpg


今回は長ーーく欠品させてしまっていた定番品を納めた僕と、新作お披露目のハラダさん、そして今回より新たにメトロクスで取り扱いの始まる信楽の作家・清岡幸道さんの3人での催しです。


メトロクスのクラフトライン、n-craftsは発足からのお付き合い。
昨年一緒に企画展を行った鈴木稔さんと、2007年に宇都宮で2人展を行った際に宇都宮美術館の「北欧モダン・デザイン&クラフト」展へ足を運んだ下坪社長が、ギャラリーへ立ち寄ったのがキッカケでした。

インテリアメインなので器ギャラリーとはまた違ったアプローチで展開して頂き、独立間もない自分と器入門のスタッフがお互いに学べたと思います。

当時入りたてだったスタッフも5年経ち、貫禄が付いて来ました(笑)

そんなスタッフの一人が卒業し田舎で独立、ということで先日送別会に。
新たなスタッフも加わって盛り上がっております。
(写真アップしちゃったけど、、、いいよね)
e0152245_11265385.jpg


僕は11日(祝)に在廊致します。
是非足をお運び下さい。

*本展は東京店の後に、札幌店へ巡回致します。

メトロクス東京
東京都港区新橋6丁目18-2
2月4日(土)- 2月18日(土) ※会期中無休
OPEN / 平日 10:30 - 19:00 土曜 11:00 - 19:00 日・祝 12:00 - 19:00

メトロクス札幌
札幌市中央区大通西26丁目1-18 円山アーク1F
3月2日(金)- 3月14日(水) ※木曜定休
OPEN / 12:00 - 20:00
[PR]
# by takehiro-ito | 2012-02-03 10:52 | 企画展

大きなお皿 大きなお鉢 展

徐々に突き刺すような寒さ。泥に手を入れる時も一瞬、躊躇する時期です。


只今、益子のもえぎ本店にて「大きなお皿 大きなお鉢 展」が開催されております。

e0152245_10503285.png


年末年始に向けて増えてくる、人と集う機会に活躍する器が、総勢28名の作り手によって構成されました。

家の中で過ごす時間が多くなる季節に、大勢で楽しく用いられれば幸いです。
是非、足をお運び下さい。

もえぎ本店
11時〜17時。25日まで。
土、日、祝日のオープンです。


これで、本年の参加企画展は終了になります。

色々とあり過ぎた今年・・。
来年は自分の状況も変わっていくので、しかと前を見て新たなスタートを切りたいと思います。

来年は少しでも皆さんが心安らぐ年になりますように。
[PR]
# by takehiro-ito | 2011-12-09 11:04 | 企画展

「火に掛けられるモノタチ」

e0152245_8124999.jpg


千葉県柏市のうつわ萬器にて「火に掛けられるモノタチ」展に参加させて頂きます。
期間は11/12〜23。本日より開催です。

参加作家:内田鋼一、大谷哲也、正島克哉。野村亜矢、水野正美、伊藤丈浩

自分の器は直火に対応しておりませんが、オーブンでの使用は大丈夫ですのでその枠での参加。


現在、開催中の「カサママシコ展」。
おかげさまで連日多くのお客様で賑わっております。

どちらも御覧頂ければ幸いです。
[PR]
# by takehiro-ito | 2011-11-12 08:24 | 企画展

カサママシコ展

いよいよ本日よりはじまります。

いやはや何とも壮観な会場になりました。
e0152245_7501889.jpg
e0152245_7492336.jpg


出品者みなさん陶器市後もなんのその、キメてきてます。

是非、御来場下さい。
[PR]
# by takehiro-ito | 2011-11-09 07:51 | 催事


伊藤丈浩の展示会のお知らせを致します。


by takehiro-ito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
個展
企画展
催事
webマガジン
掲載誌

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月

リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
住まいとくらし

画像一覧